コンテンツへスキップ
Home » 慈善団体 .

慈善団体 .

宛先:

件名:慈善団体の検索

拝啓

近年、私はメディアでも広く知られている

イスラエル国家の障害者闘争に関わってきました。

し か し, 長年 の 闘 争 を 経 て も, イ ス ラ エ ル 国 の 障害 者 や そ の 他 の 恵 ま れ な い 人 々 の た め の 住宅 問題 に は, ま だ 合理 的 な 解決 策 が な い こ と が 明 ら か に な り ま し た.

も ち ろ ん, こ こ 数 ヶ 月 間 に 問題 に な っ て い る コ ロ ナ の 流行 (こ の 言葉 を 書 い て い る の は 2020 年 7 月 12 日 日 曜 日) は, 状況 を か な り 悪 化 さ せ て い ま す. 障害 者 だ け で な く, 生計 を立てる能力を失った多くの人々が、文字通りパンに飢えています。

私 は あ な た に 尋 ね ま す. 誰 も が こ の 状況 が い つ ま で 続 く の か わ か ら な い と 言 う こ と を 踏 ま え, こ の よ う な 人 々 の 窮 状 を 軽 減 す る た め に 援助 が で き る 慈善 団 体 や, 企業 の 人 々 を 知 っ て い ま す か?

私 は 以下 の 手紙 の 中 で, 私 が 属 し て い る 一般 の 人 々, つ ま り 障害 を 持 っ た 一般 の 人 々 の 困難 に つ い て 述 べ て い ま す.

 

 

 

1) 身分証番号: 02947403

2)Eメール: 02947403@walla.co.il abs783a@gmail.com assaf197254@yahoo.co.il ass.benyamini@yandex.com a32assaf@outlook.com assafworld@outlook.com assafworld 

3)私の介護団体:  

ロイト-

アビビットホステル

エルサレム

キリヤット・メナケム

ハアヴィット通り6

9650816

電話番号:: + 972-2-6432551もしくは+972-2-5428351

 Eメール: avivit6@barak.net.il

4) 2017年12月12日の13:30にアビビット·ホステルのソーシャルワーカーとの面談で,彼女の個人情報およびアビビット·ホステルの他の従業員やロイトの従業員の情報を開示することを禁じられました.  

5)かかりつけ医:  

マイケル・ハラヴ博士

クラリットヘルスケアサービス

イルガニム支部、 エルサレム

キリヤットヨベル、ボロチョフ通り63、9678150.

מספר טלפונים : + 972-2-6440777 ,ファックス: +972-2-6438217.

 

6)以下は、2020年1月下旬のロイトのソーシャルワーカーとのやり取りでと

2020年1月25日

タル・ロータン様

re:コスタリカ通りのアパートの件

リ ビ ン グ の ブ ラ イ ン ド が 動 か な く な っ て し ま い ま し た. ホ ス テ ル の ス タ ッ フ に 直 し て も ら う こ と は 可能 で し ょ う か? (方法 が わ か り ま せ ん. も し く は そ の た め に ア パ ー ト の オ ー ナ ー に 電話 を し な け れ ば な ら な い 場合) 如何 で し ょ う か?

  敬具

アビビット・アシストレーテッド・リビング・ホステルの住人 アサフアミ

 

 

 

追伸

先 日, イ ス ラ エ ル の 郵 便会 社 を 経 由 し て, 添 付 の 手紙 を 普通 郵 便 で 送 り ま し た. そ の 中 で 私 が 提起 し た 質問 に お 答 え い た だ け る と 幸 い で す.

 

                 2020年1月12日

タル・ロータンre:賃貸期間

私 の ア パ ー ト へ の 賃 貸 契約 は 2020 年 7 月 14 日 で 終了 し ま す. 大家 に 延長 に 応 じ る か ど う か を 検 討 し て も ら う 余地 が あ る と 思 い ま す. 私 は こ の ま ま 住 み 続 け た い と 思 っ て い ま す が,もし大家が延長を望まないのであれば、準備をして、他のアパートアなおお

敬具

アビビット・アシストレーテッド・リビング・ホステルの住人 アサフアミ

身分証番号: 029547403 

 

ソーシャルワーカー/タル・ロータンへの手紙 10

Yahoo /受信メール

アサフ・ベニャミニ 1月15日 15:50

מאת + 6タル

アサフ・ベニャミニ

私 に は 理解 で き ま せ ん. い つ に な っ た ら 大家 に 質問 す る つ も り な の で し ょ う か? い つ? 「3 ヶ 月 前 が 一般 的 で す」 と い う 回答 か ら は 理解 不能 で す. (私 は, 以前 に 引 っ 越 し を し た 時 と は対 照 的 に, 今 回 は 健康 状態 が 悪 く, 個人 的 に 荷 物 を 梱 包 す る こ と が で き な い の で, で き る だ け 早 く し た い と 思 っ て い ま す. も し ア パ ー ト の 引 越 し を し な け れ ば な ら な い と し た ら, 今 回 は 体力 的 に も 大 変だ し, 時間 も か か る だ ろ う し し か し, 精神 的 に は は る か に 楽 に な り ま す し た が っ て, 私 の 発 言 が 理解 さ れ な か っ た 場合, 私 は 再 び 尋 ね ま す:.. あ な た は い つ こ の 問題 に つ い て ア パ ー ト の 所有者 に 尋 ね るつもりですか?

敬具

アビビット・アシストレーテッド・リビング・ホステルの住人 アサフアミ

 

2020 年1月26日(日)GMT+2 10:46:27差出人タル・ロータンtalotan39@gmail.com 26 ביוני 12:28

  •       タル・ロータン talotan39@gmail.com

 

אל:アサフ・ベニャミニ1月26日14:09

来 月 ご 連絡 し ま す. た だ, 契約 上 は, あ な た ま た は 彼女 が 3 ヶ 月 前 に 通知 す る こ と が で き る こ と を 考慮 に 入 れ て く だ さ い.

 

 

 

2020年1月26日(日) 00:29送信元 アサフ·ベニャミニ

< assaf197254@yahoo.co.il >

 

オリジナルのメッセージを表示する

 

アサフ・ベニャミニ< assaf197254@yahoo.co.il >

 

אל:タル・ロータン

 

2020年1月26日 14:13了解.ありがとう.

2020 1/26日(日)14:09:58 GMT+2

 

差出人 タル・ロータンtalotan39@gmail.com

 

オリジナルメッセージを非表示にする

 

来 月 ご 連絡 し ま す. た だ, 契約 上 は, あ な た ま た は 彼女 が 3 ヶ 月 前 に 通知 す る こ と が で き る こ と を 考慮 に 入 れ て く だ さ い.

 

2020 1 ביוני 26 日(日) 12:29 送信元 アサフ・ベニャミニ

 < assaf197254@yahoo.co.il >                                                                                            

 

私 に は 理解 で き ま せ ん. い つ に な っ た ら 大家 に 質問 す る つ も り な の で し ょ う か? い つ? 「3 ヶ 月 前 が 一般 的 で す」 と い う 回答 か ら は 理解 不能 で す. (私 は, 以前 に 引 っ 越 し を し た 時 と は対 照 的 に, 今 回 は 健康 状態 が 悪 く, 個人 的 に 荷 物 を 梱 包 す る こ と が で き な い の で, で き る だ け 早 く し た い と 思 っ て い ま す. も し ア パ ー ト の 引 越 し を し な け れ ば な ら な い と し た ら, 今 回 は 体力 的 に も 大 変だ し, 時間 も か か る だ ろ う し し か し, 精神 的 に は は る か に 楽 に な り ま す し た が っ て, 私 の 発 言 が 理解 さ れ な か っ た 場合, 私 は 再 び 尋 ね ま す:.. あ な た は い つ こ の 問題 に つ い て ア パ ー ト の 所有者 に 尋 ね るつもりですか?

敬具

アビビット・アシストレーテッド・リビング・ホステルの住人 アサフアミ

 

 

2020 1/26日(日)14:09:58 GMT+2

 

差出人 タル・ロータンtalotan39@gmail.com

 

こんにちは、3ヶ月前に予告するのが通例ですが、もっと早くても夫で大

 

 

 

2020年1月25日(土)20:00送信元アサフ・ベニャミニ< assaf197254@yahoo.co.il >

 

わかりましたが,質問はいつするのでしょうか? 2020年1月25日(土) 19:46:52 GMT + 2

差出人 タル・ロータンtalotan39@gmail.com

 

早すぎます。仮にあなたが延長したいと言っても、彼女は義務づけられ

 

要するに、早すぎるのです。

 

2020年1月25日(土)19:07送信元アサフ・ベニャミニ< assaf197254@yahoo.co.il >

 

送信されたメッセージ—-

 

送信元:アサフ・ベニャミニ< assaf197254@yahoo.co.il >

 

送信先:タル・ロータンtalotan39@gmail.com

 

送信: 2020 ב-1 ביוני 25 בדצמבר 2020,   16:31:35 GMT+2

Re:ソーシャルワーカータル・ロータンへの手紙

了解. 私 の 2 つ 目 の 質問 (大家 に 更新 の 意思 が あ る か ど う か) に つ い て, あ な た の 意見 を お 聞 か せ く だ さ い. 当然 の こ と な が ら, 2020 年 7 月 14 日 以降 に ア パ ー ト の 所有者 が 賃 貸 を更新 す る こ と に 同意 し な い 場合, 私 は 別 の 住居 見 つ け な け れ ば な り ま せ ん (そ し て 今 回 は, 私 の 健康 状態 が 悪 化 し て い る た め 荷 造 り に 時間 が か か り, 自 分 で 荷 造 り を す る こ と が で き ま せ ん).

 

アサフ・ベニャミニ

 

2020 16:22:17 GMT+2

 

差出人 タル・ロータンtalotan39@gmail.com

 

ア サ フ さ ん, こ ん に ち は. ブ ラ イ ン ド に 関 し て は, バ ル ヒ に 見 て も ら っ て, も っ と 大 き な 故障 で あ れ ば, シ ガ リ ッ ト に 連絡 し て み ま す.

 

達成すべき目標としてのアサフ。

7)以下は17ページのソーシャルレポートで、2011年6月28日に私についたてでのた

* 私 が リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン の た め に エ ル サ レ ム の ク フ ァ ル · シ ャ ウ ル 精神病院 に 来 た の は 1994 年 3 月 8 日 で あ り, こ の 報告 書 に 書 か れ て い る よ う に 2004 年 中 で は な い こ と を 指摘 し た い.

  

 レウート地域メンタルヘルス登録協会 “アビビット” ホステル

エルサレム, アビビット通り6、アビビットホステル、エルサレム

96508, ファックス電話: 02-6432551

Eメール: avivit6@barak.net.il

 

2011年6月28日

宛先

MGARカンパニー

 

Re: アサフ・ベニャミニ

身分証番号 29547403

– 心理社会的報告書

一般 的 背景: ア サ フ は 1972 年 ま れ, 学士, リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン · バ ス ケ ッ ト に 代 わ っ て 保護 宿 泊 施 設 (シ ェ ル タ ー ハ ウ ジ ン グ) の 状態 で, ハ レ イ ク フ ェ ッ ト 通 り の ア パ ー ト で 一 人 暮 ら し を し て お り, 知 的 障害 を 背景 に 障害 手 当で生活をしている。

ア サ フ は 4 人 家族 の 長 男. 彼 の 両 親 は 彼 が 8 歳 の 時 に 離婚, 結婚 生活 の 中 で の 彼 の 両 親 の 関係 は, 過 酷 な も の と し て 描 か れ て い る. 父親 は 再婚 し, ア サ フ に はこの結婚により3人の異母兄弟ができた。 離婚後はアサフは母親ごと妹と

幼少期から、アサフは感情や運動障害に悩まされていた.

 

 

 

4 歳 で 転 居 し た 後, 口 を き か な く な っ た. 治療 院 の 幼稚園 で 心理 療法 を 紹 介 さ れ た. ア サ フ は 静 か な 子 供 で, 午後 の 時間 は 歴 史 の 本 を 読 ん だ り, コ ン ピ ュ ー タ ー で 作業 し た り し て いたが、彼の唯一の社会活動はチェスゲームの枠組みの中で行われてた。

思春期 の 間 に 精神 状態 が 悪 化 し, 父親 の 妻 に 対 す る 迫害 妄想 (判 読 不能) な ど を 発 症. 自殺 未遂 が あ り, ゲ ハ 精神 保健 セ ン タ ー に 数 回 入院 し て い た. 彼 を 更生 さ せ よ う と ペ タ テ ィ ク ヴ ァの ホ ス テ ル で 試 み た が, 失敗 に 終 わ っ た. こ の 年 齢 に な っ て か ら, 彼 は ど の よ う な 枠 組 み に も 溶 け 込 め な く な り, 社会 的 に 拒絶 さ れ た 子 供 と な り, そ の 奇妙 な 行動 は 周 囲 か ら の 攻 撃 性 も大きくなり、彼の状態をさらに悪化させてしまっ。

 

 

 

 

20 代 前 半 の ア サ フ は, 様 々 な 症状 に 悩 ま さ れ た. 主 な も の は 強迫 性 障害 (自 傷 行為 含 む) で あ り, 肉体 的 自 傷 行為 の よ う な 症状 は, こ の よ う に 繰 り 返 さ れ る こ と は な か った が, 現在 彼 が 社会 に 対 処 す る た め の 利用 法 や, 彼 を 取 り 巻 く 現 実 (こ の 問題 に つ い て は, 続 編 で 詳 し く 説明) に よ り ア サ フ は 自 傷 行為 を 行 っ て い る.

2004 年, ア サ フ は ク フ ァ ル · シ ャ ウ ル の リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 科 に 入院 し, そ こ か ら エ ノ シ ュ 精神 保健 協会 の 付 き 添 い で 保護 さ れ た 宿 泊 施 設 (シ ェ ル タ ー 住宅) に 移 っ た. リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 科 で 治療 を 受 け て い た 数年間, 彼 の状態は

 

 

 

改善 さ れ た. 強迫 性 障害 の 症状 は 著 し く 弱 ま り, 妄想 や 幻 覚 な ど の 精神病 的 な 内容 は 認 め ら れ な か っ た. ア サ フ は, ク フ ァ ル · シ ャ ウ ル 精神病院 の リ ハ ビ リ チ ー ム に 付 き 添 わ れ た. エ ノ シ ュ 精神 保健 協会 を 通 じ て,自 宅 で 付 き 添 い 看護 を 続 け て い た. 精神科 治療 を 受 け, 精神 状態 は 安定 し, 地域 の 中 で 自立 し て 生活 し て い る.

ア サ フ は イ ス ラ エ ル 国立 図 書館 で 数年間 自主 的 に 働 い て い ま し た が, 体 調 の 悪 化 を 理由 に 退職. そ の 後, ア サ フ は ハ · メ シ ャ ケ ム シ ェ ル タ ー 社 で 1 年 半 ほ ど 勤務 (2005 年 ~ 2006 年). 彼によると、スタッフとの関係に問題があったために退職したとのこと。

 

 

そ の 後, ハ オ マ ン 通 り に あ る 保護 生産 工場 で 働 い て い た が, 通勤 の 際 に 交通 の 便 が 悪 く な っ た た め に 退職. 2006 年 ~ 2007 年 の 間 に, 彼 の 心身 の 状態 は 徐 々 に 低下 し て い った. そ し て そ れ 以来, 彼 は, 背 中 の 問題, 消化器 系 の 問題, 乾 癬 の 状態 の 悪 化, 関節 の 問題, よ り 深刻 で よ り 頻繁 な 不安 発 作 な ど, 精神 的, 肉体 的 な 問題 の 蓄積 に 苦 し んで い る. ア サ フ は 公共 サ ー ビ ス へ の 信 頼 を 失 っ て お り, サ ー ビ ス の 質 と 従 業 員 の 専 門 性 が 低下 し て い る と 彼 は 主張 し て い る. エ ノ シ ュ 精神 保健 協会 と の つ な が り や 関係 を 解 消 し,キダムによる付き添い宿泊を試みた。

 

 

 

 

 

レウート地域精神保健登録協会「アビビット」ホステル

 

アビビットホステル エルサレム アビビット通り6 96508

テレファックスטלפקס: 02-6432551

Eメール: avivit6@barak.net.il

 

成功していない協会。

2007 年4月、リハビリや療養に取り組む民間団体「ゾーハル協会」に勰ゑ

2007 年 11 月, レ ウ ー ト 地域 精神 保健 登録 協会 に 紹 介 さ れ, ア ビ ビ ッ ト · ホ ス テ ル の 保護 さ れ た 宿 泊 施 設 (シ ェ ル タ ー ハ ウ ジ ン グ) の 状態 で 入 所 し, 同 ホ ス テ ル の ス タ ッ フ に 付 き 添 わ れ て い る.

 

 

 

 

過去 3 年 間 の 我 々 の 付 き 添 い 中, ア サ フ の 精神 状態 の 悪 化 が 見 ら れ る. こ の 悪 化 に 関 す る い く つ か の 指標 は 以下 の 通 り で あ る.

  1.   ア サ フ の 疑惑 レ ベ ル が 上 が っ て き て い る. 悲 観 的 な 世界 観 に よ っ て 強 ま る 疑 念, 医学 的, 精神 医学 的, 専 門 的 な も の で あ ろ ​​う と な か ろ う と, あ ら ゆ る 治療 的 要素 に 対 す る 信 頼 と 信 頼 の 絶 対 的 な 欠 如.彼 と ホ ス テ ル の ス タ ッ フ と の 関係 は 非常 に 部分 的 で, ホ ス テ ル の ガ イ ド (イ ン ス ト ラ ク タ ー) を 受 け 入 れ る こ と を 拒 否 し, 彼 の 幸福 を 求 め な い シ ス テ ム の 代表 者 と 見 な し て い る ソ ー シ ャ ル ワ ー カ ー と の み 接触 を 保 ち た いと考えている.
  2.     悪 化 す る 引 き こ も り 傾向. ア サ フ は ど の よ う な 社会 的 枠 組 み と も つ な が っ て い な い. ホ ス テ ル の 住 人 と も, 上述 の 通 り, ホ ス テ ル の ガ イ ド (イ ン ス ト ラ ク タ ー) と も, 家族 と も, ほ ぼ 完全 に 距離 を 置 い て い る (彼 が抵抗 し て い る に も か か わ ら ず, 母親 が そ の 関係 を 維持 し よ う と し て い る た め, 「ほ ぼ」 と い う 言葉 が 使 わ れ て い る). 彼 は 社会 生活 に 参加 す る こ と も な く, 土 曜 日 と 祝 日 に は 完全 に孤独 な 生活 を 送 っ て い る. 特定 の 付 き 合 い, イ ベ ン ト, ホ リ デ ー イ ブ な ど へ の 参加 の 呼 び か け に は 一切 応 じ な い.
  3. も つ れ と 治療 的 要 因 と の 出 会 い: 私 た ち が ア サ フ に 付 き 添 っ て き た き た 3 年 間 で, 彼 は い く つ か の 家族 の 間 で 交換 す る こ と に 成功 し た .HMO の 医師 の 中 に は, 明 ら か に 彼 の健康を求めていた者もいたが、彼はこれをどうしたら特定できるのか矂

 

 

キ リ ヤ ッ ト · ヨ ベ ル の 精神 保健 コ ミ ュ ニ テ ィ · ク リ ニ ッ ク の ス タ ッ フ と 喧嘩 し て 口 論 に な り, そ こ で の 精神 医学 的 監視 を 続 け る こ と を 全面 的 に 拒 否 し た. こ こ で も ス タ ッ フ が 彼 に 向 か い あ お う と し た が, 彼 は そ れ に気 づ か な か っ た. に も か か わ ら ず, 彼 は こ の 物語 の 主 な 被害 者 で あ る. 彼 は 精神科 の 代替 監視 を 得 る た め に, 精神 保健 に 関係 す る す べ て の 主体 に 訴 え た. つ い に 我 々 の イ ル ガ ニ ム קופת חוליםへ の 訴 え に 続 い て, 法律 の 文言 を 超 え て קופת חולים で の 必要 な 監視 を 可能 に す る と い う, あ る 種 の 取 り 決 め が 実 現 し た. 彼 と の 出 会 い は, 彼 を 扱 う す べ て の 要 因 に つ い て, メ デ ィ ア へ のア ピ ー ル を 含 む 数十 通 の 苦 情 の 手紙 を 書 く こ と を 常 に 伴 っ て い る: リ ハ ビ リ バ ス ケ ッ ト, レ ウ ー ト 地域 精神 保健 登録 会, 国 保 研, קופת חולים な ど.

  1.     ホ ス テ ル と 護衛 協会 の ボ イ コ ッ ト:.. レ ウ ー ト 地域 精神 保健 登録 協会 に 代 わ っ て 付 き 添 い を 受 け 続 け て い る が, 彼 は 一 人 で ホ ス テ ル に 行 く こ と を 拒 否 出 会 い は, も っ ぱ ら 往 診 と し て 行 わ れ て い る 彼 の 疑心 暗 鬼と 敵意 は ホ ス テ ル の ス タ ッ フ や 入 居 者 に 向 け ら れ て お り, 付 き 添 い 自 体 へ の 不 満 や 大 き な 不 満 ま で 書 き 込 ん で い る. と は い え, あ る 種 の 正常 な 現 実 判断 は 存在 し て お り, 怒 り や 不 満 は あ っても、私たちとの関係を断ち切ることには遠く及ばない。

 

 

 

 

 

 

 

 

  1.     不安の増大:

 ア サ フ は, 彼 の 精神 医学 的 な 健康 状態 や 宿 泊 施 設 の 選 択 肢 の 面 で も, 経 済 的 に も 実 存 的 に も, こ れ か ら の 彼 の 将来 に 非常 に 不安 を 感 じ て い る. こ の 不安 は, 彼 に 耐 えられないほどの希少性と緊迫感の中での生活を強いてい。

  1.     の中での禁欲と緊縮:

 そ う い っ た 配 慮 か ら, 電力 を 節約 し, 他 の 費用 を 節約 し て い る. そ し て そ の た め に, 冬 の 間 は 自 分 の ア パ ー ト を 暖 め ず, 食 事 を 暖 め ず, 自 分 自身 に 喜 び や 満 足 感 を 与 え な い. 彼は ま た, そ れ が 彼 の 健康 問題 で も, 歯 科 治療 や 彼 が 苦 し ん で い る 物理 的 な 苦 し み や 痛 み を 軽 減 す る 可能性 が あ る 薬 な ど も 節約 し て い る.

レウート地域精神保健登録協会「アビビット」ホステル

 

アビビットホステル エルサレム  アビビット通り6 96508

テレファックス: 02-6432551

Eメール: avivit6@barak.net.il

 

  1.     彼の物語が彼の心に触れるかもしれないと思っている可能性のあるあらゆる要因に対応して通信と書き込みに執拗な関与。このように、広範な通信を通しての援助が彼の生活習慣となっている。彼は、政府機関、クネセット議員、定期刊行物や雑誌、協会、法律事務所、民間団体や団体、事業所などに向けて、執筆、写真撮影を行い、時には数十部を配布している。

ほとんどの場合、返信はない。特定のケースでは、彼はいくつかの注意を受ける – この練習は彼の人生に意味と内容を与えた。

彼によると、彼が生きている限り彼は続けるだろうし、これが彼の当然の権利のための戦い方だという。

  1.     就職先への適応の難しさ: 全期間に渡って、 アサフはいくつかの職場を変えたが、その都度、困難さやアクセスの悪さ、雇用条件に関する苦情を理由にしていた。 しかし、最近では週に3回のペースで雇用されている事業所を自ら発見したことは特筆すべきことである。今のところ喜んでくれている。アサフ自身は、ここでの信頼度は高くないが、それでも今日現在、そしてこの2ヶ月間、なんとか我慢している。

ま と め:.. 彼 の 精神 医学 的 な イ メ ー ジ が 一般 的 で は な い こ と は 間 違 い な い 認知 能力, 口述 · 筆記 表現 能力 な ど, 比較 的 保存 さ れ て い る 能力 が い く つ か あ る 一方 で 重 度 の 精神 的 ダ メ ー ジ を 受 けて い る. 彼 は 孤独 と 絶望 の 閉 ざ さ れ た 輪 の 中 に 位置 し て い る. 彼 は 症状 の 性質 上, 援助 や サ ポ ー ト を 受 け る こ と が で き な い. 彼 は 全世界 が 自 分 に 敵 対 し て い て, 出口は な く, 状況 は 悪 化 す る ば か り だ と 確信 し て い る. 慣例 的 な 意味 で の 精神病 的 な 暴 発 は な い が, 癇 癪 や 激 し い 攻 撃 性, 特 に 現在 訪 ね て く る 母親 に 向 け て, が あ る.

 

 

 

 

(癇 癪 の 激 し い 相 手 と 一 緒 に 住 ん で い た 時 に は も っ と ひ ど く な っ て い て, 結果 的 に ア パ ー ト の 提携 を 解 消 せ ざ る を 得 な く な っ た). ア サ フ に 関 し て は, 感 覚 が 全体 の 構造 が 密閉 的 な 被害 妄想 構造に な っ て い る. 彼 の 現 実 判断 は 非常 に 欠 陥 が あ り, 不 十分 で あ り, そ れ は 彼 が 自 分 を 助 け た い と 思 っ て い る 人 を 特定 で き ず, 皆 を 押 し の け て し ま う と き に 特 に 顕 著 で あ る.彼 が 日常 的 に 接 し て い る 親 し い 人 や 介 護 者 · セ ラ ピ ス ト に で あ っ て も, 人間 の 感情 が な い 状態 ま で, 効果 の 衰 え に 気 づ く こ と が で き る. 彼 を 支配 す る 感情 は, 悪 化 し 続 け る 絶望 である。 これは彼の生活の質に影響を与え、彼の生活レベルが極まいう

 

 

2 年前 か ら 付 き 添 い を し て い る 者 と し て は, 彼 を 治療 し た 精神科 医 と の 会話 を 見 て も, 彼 の 行動 の 困難 さ, 精神 的 な 問題, か ん し ゃ く な ど は, 彼 の 精神 障害 に 起因す る も の で あ る こ と は 疑 い が な い の で, 彼 の ぶ っ き ら ぼ う で 侮辱 的 で 非 道 な 行動 も, 彼 の 問題 の 症状 と み な さ れ る べ き で あ り, 問題 の 別 ​​個 の 部分 と は み な さ れ な い.

 

ナオミ・ハルパツ

ソーシャルワーカー

アビビットホステル

イルガニム

 

8)障害者の住宅事情についての説明・詳細は以下の通りです。

  1.   融資·家賃支払いの問題何年も前に(誰がやったのかは定かではありませんが,政府関係者のようです),そのコミュニティに住む障害者には,家賃を支払うために月770シュケルを支給することが決定されました.周知のように,イスラエルでは近年住宅価格が高騰しており,当然家賃も上昇しています.しかし何年も前に完全に恣意的に設定された770シュケルという数字は、何の説明も論理もなく更新されていません。

 

残念 な こ と に, 住宅建設 省 を 始 め, 財務 省 や 首相 官邸 な ど の 他 省 庁, 多数 の ジ ャ ー ナ リ ス ト, 筆者 が 個人 的 に 話 を し た こ と の あ る 多 く の 弁 護士, さ ら に は 調査 会 社 や 外国 の 大使館 に至 る ま で, あ ら ゆ る 可能性 の あ る 相 手 に 膨大 な 数 の 手紙 (数千, 数万 通 の 手紙, 筆者 の 遺憾 の 意 を 込 め て, こ れ ら の 数字 は 決 し て 誇張 で は あ り ま せ ん) を 送 っ て も, 何 の役 に も 立 た 血 ま せ ん で し た. そ の 結果 援助 の 額 が 更新 さ れ ず, 多 く の 障害 者 が 路上 に 追 い 出 さ れ, 飢 え や 渇 き, 冬 の 寒 さ や 暑 さ,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               脱水症状でそこで死ぬことになったのです.

 

特筆すべき,イエディッドのような権利団体:地域社会のエンパワーメントのための協会や,筆者が対応している大学やカレッジの法律扶助クリニックなどでは,決して助けることができないことに注意すべきです0.770シュケルの援助額は法律で定められており,権利団体は現行法に基づいて援助することができます.立法改正の必要性がある唯一の団体はクネセットなのです.

しかし,問題はより複雑になるばかりです:知られているように,長い間(この文は2020年1月17日(金)に書かれました),イスラエルは次々と選挙運動を行っており, 6週間後に予定されている第3回目の選挙でさえ,必ずしも機能する政府の樹立を予告うしているわけではありません.  注目すべきは,クネセットと政府が,筆者や障害者団体をはじめとする多くの人々の援助の問題の問い合わせに応じたときにも,クネセットのメンバーは,この要求が権利団体に向けられたものではなく,彼ら自身に向けられたものであることを十分に認識しているにもかかわらず、自動的に権利団体に問い合わせを指示したことで

  1. アパートのオーナーとのコミュニケーション: .障害者が障害や病気のために,アパートの所有者との交渉に苦労するケースが多くありますこのような状況下では,ソーシャルワーカーが仲介役を務める必要がありますが,ほとんどのソーシャルワーカーがすべてのケースでその役割を担うことはできません.さらに,近年のソーシャルワーカーの数の大幅な削減は,困難な労働条件,低賃金,患者の家族の側からの頻繁な不適切な待遇(しばしば不当にソーシャルワーカーを親族が受けている不適切な介護の責任とみなす),そして無理な仕事量と相まって,障害者が適切なアパートを見つけることや,ソーシャルワーカーが障害者を助けることの難しさをさらに増大させています。
  2.   患者の支払手段.長期間の入院生活を経て地域に引っ越してきて,仕事に行ったり,責任を持って生活の管理をしたりといった通常の生活習慣を欠いているケースがあります保証チェックなどの賃貸契約の条件が,この段階の人には当てはまらない事が多いのです.またこれまでの治療·リハビリテーション施設(筆者が25年前に退院した際に利用していた施設)は近年,閉鎖されたり,運営が縮小されたりしており,このような重要な治療·リハビリテーション施設がないと生活が進まないこのような人たちのリハビリテーションを妨げることになるのです.
  3. 規制上の問題点.現在,アパート所有者の権利義務と賃借人の権利義務が完全にアンバランスになっています多くの法律は,賃借人による賃貸期間の乱用の可能性からアパート所有者を保護していますが,逆にアパート所有者による乱用から賃借人を保護する法律は存在しません.その結果,リースには多くの不公平な条項,時には違法な物も含まれており,リースに署名することを余儀なくされている賃借人を保護する法律はないのです.賃借人は,賃貸条件として締結しなければならない有害な条項に異議を唱える法的権利を持たず,賃貸期間中であってもアパート所有者の気まぐれにさらされるケースが多くあります.これは一般の人たちの問題であることは明らかですが,障害者や病人などの不利な立場にある人たちがアパートの所有者に対応することは、当然ながら困難であると考えるべきです。
  4.   説明の難しさ.提起された困難と,必要な改正を目的とした公開については,実質的な困難がありますこの問題に関心のない様々なメディアの現在の優先順位,障害者団体間の分裂,状況の是正と改善のための努力に積極的な役割を果たそうとする私たちが暮らす社会の多くの当事者の無関心が,クネセットのメンバーにこれらの問題を無視して何もしないでいるのではなく法律を改正することを余儀なくさせるような方法で,これらの問題についての国民の意識を高める努力を大きく妨げているのです.障害年金で生活している障害者は,この問題に対処するためのキャンペーンを運営するために広告代理店が要求する巨額の費用を支払うことができず,学生の広告プロジェクトに参加することによってこの障害を回避しようとする筆者の多くの努力も,学生が関心を示さず、この問題が重要であると考えておらず役に立ちませんでした。

 

9) 2020年4月28日に開設したyoutubeチャンネルへのリンク: https://www.youtube.com/channel/UCX17EMVKfwYLVJNQN9Qlz 

 

10) 2018年8月10日,私は「勝利を我等に」という社会運動に参加しました.目に見えない障害者の利益を代表しようとする運動,すなわち,非常に広範囲に市民的·社会的権利を否定する外見上目立たない深刻な健康問題に苦しむ人々で

 

 

 

運動 の 代表 と 創始 者 は タ チ ア ナ · カ ド キ ン, 日 曜 日 か ら 木 曜 日 の 午前 11 時 か ら 午後 8 時, ユ ダ ヤ 教 と イ ス ラ エ ル の 祝 日 を 除 き 電話 番号 972-52-3708001 に て 連絡 可能 で す.

私たちの運動のウェブサイトへのリンクを添付します。: https://www.nitgaber.com/

11)電話番号:

自宅-972-2-6427757.

携帯-972-52-4575172.

ファックス-972-77-2700076.

12)詳細

生年月日:1972年11月11日

婚姻関係 独身

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Reply

Your email address will not be published.